韓国人はなぜ肌があんなにキレイ?ヒト幹細胞美容液を使ってるから?

 

韓国ドラマ見ていると本当に女優さんだけでなく俳優さんの肌の綺麗さにも驚かされますよね。
整形大国とも言われている韓国ですが、やっぱりみんなヒアルロン酸やコラーゲンの注入はあたりまえなのでしょうか?

 

結構お年な女優さんでもほうれい線がまったくなかったり、きめが細かくてシミ一つない肌なのが不思議です。

 

韓国人の肌がキレイな理由を考えてみましょう。

 

韓国人と日本人の肌の違い

日本人も韓国人も同じ黄色人種です。
でもなんであんなに色が白いのでしょうか。

 

日本人は欧米に比べて皮膚が薄いそうです。
韓国人はというと日本人と同じアジア人なのに、日本人よりも肌が厚いそうなんです。

 

肌が厚いとどんないいことがあるかって、紫外線や大気汚染のダメージを受けづらくなること。
紫外線は肌の奥まではいって老化を進めてしまいます。しっかりと日焼け止めをする習慣も韓国人には当たり前のことだと聞きました。

 

韓国人からしたら日本人の肌ケアは甘すぎる!

 

韓国の人は肌へのケアを毎日欠かしません。
パックを毎日していたり、ニキビができたらすぐに病院にいって治療をするといったように美意識がとても高いそうです。

 

化粧水だけとか乳液までで終わりなんてことがなく、しっかり目のケアをしているそうです。
紫外線対策はとても気にしていて、ファンデーションにSPF機能がついていたら日焼け止めは塗らない人もいるかと思いますが、韓国人にしたらNGのようです。

 

徹底した紫外線対策は美肌には欠かせないという考えが浸透しているようです。
また、肌の潤いを重視したケアをしているんだとか。

 

自宅だけでのケア意外にもエステなどでケアする人が多いみたいです。

 

紫外線にあたる機会が日本より少ない 部活がないって本当?

 

韓国は寒いというイメージがあります。
だって、韓国ドラマでは息がとっても白くなってるから。
あんなに寒いのにロケなんて大変だな〜って思って見ていますが、この寒さが肌を引き締めるとの意見もあります。

 

韓国は、日本でいうと東北から北海道にあたります。
でもとにかく寒いと聞きました。それは寒気が流れ込みやすく日本よりも寒いそうです。

 

日本の東北の女性は色白の美人が多いですよね。
紫外線の量が少ないからだそうです。それと同じで韓国でも紫外線を浴びる量が少ないため白い美肌の人が多いと言えます。

 

また、韓国には部活がないそうです。
日本のように中学や高校で真っ黒に日焼けした女子や男子が青春の勲章のように思われているのがなんだか古臭く感じますね。

 

日本人女子は紫外線を浴びる量が圧倒的に韓国人よりも多いので、その時点で美肌に関しては、大きく出遅れているんです。

 

 

韓国人は食生活や生活習慣を大切にしている

 

韓国人は食生活や生活主観を大切にしており、「外見の美しさは体の中が健康でないと得られない」という考えです。

 

そのため、韓国は野菜の消費量が世界第2位で、日本と比べると1日の野菜摂取量が2倍です。
それをバランスよく、葉野菜、根菜、生野菜、温野菜を食しています。

 

また、間食をほとんどせず、食事の時間も決めているそうです。
このようなこだわった食生活があの美肌を生むんですね。

 

韓国ドラマの撮影でも、どんなに撮影が押していても食事だけはしっかりと食べるそうです。
しかも、からだが温まるような鍋やスープなどがあるんだとか。
そのときに野菜もたっぷり摂取できるので美肌を保つことができるというわけですね。

 

このように韓国人は紫外線を浴びる量が少ない上に、肌に対するケアの仕方が日本人よりもかなり徹底していることがわかりました。

 

ヒト幹細胞美容液も韓国ではすでにブームになっているのでおそらくつかっている人はたくさんいるでしょう。

 

美容整形もしている人はたくさんいるみたいなので日本人とは美容に対する意識が違うのかもしれませんね。